×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

kat-tun signalを聴きましたか?

kat-tunの最新情報はこちらからどうぞ
kat-tun signalはジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、KAT-TUNの2枚目のシングルです。この曲はKAT-TUNのデビュー曲のReal Faceに続いて出されたのですが、Real Faceに続き初登場で売り上げ首位を獲得して史上7組目のデビューから2作品連続初登場首位という快挙を達成しました。 signalはNTT DoCoMo「new 9 series」CMソングとしてTVで流されていたので耳にしたことがある人も多いと思います。前作のReal Faceがロック調の曲だったのに対し、kat-tun signalは曲のテンポに自然に体が反応してしまうような曲に仕上がってします。ダンスする人にはノリのりで踊れちゃうかもしれませんね。DocomoのCMでも、KAT-TUNのメンバー6人がカッコよくダンスしていましたよね。kat-tun signalは発売1週目の売り上げがなんと45.1万枚で、そして前作のReal Faceから2作連続での初動売上40万枚突破を果たしたそうです。

kat-tun signalを歌っているKAT-TUNのメンバーをご存知ですか?

kat-tun signalをヒットさせたジャニーズ事務所所属のKAT−TUNとグループ名の由来はメンバー全員の頭文字をとってつけられています。K・・亀梨和也(かめなしかずや)、A・・赤西仁(あかにしじん)、T・・田口淳之介(たぐちじゅんのすけ)、T・・田中聖(たなかこうき)、U・・上田竜也(うえだたつや)、N・・中丸雄一(なかまるゆういち)以上の6人のイニシャルをkat-tunのグループ名に使っています。KAT−TUNのメンバーはジャニーズ事務所のジャニー喜多川がKinKi Kidsの堂本光一のバックダンサーとして召集したメンバーです。メインボーカルを担当するのが、亀梨和也と赤西仁です。この二人がKAT−TUNの人気を2分するといってもいいかもしれませんね。コーラス担当を担当しているのが田口淳之介と上田竜也の2人です。そして、ラップを担当しているのが田中聖です。風貌がちょっとジャニーズのアイドルっぽくないところが人気です。田中聖はコーラスに参加することもあります。ボイスパーカッションを担当するのが中丸雄一です。中丸雄一も曲によってはコーラスに参加することもあります。

kat-tun signalの曲のなかで咳き込みのようなもの聞こえるのは何故?

SIGNALで咳き込みのようなものが何回も聞こえるという怪奇現象的な噂が流れましたがあの咳き込みみたいなものの真相をご存知ですか?音楽界での怪奇現象といえばかつてはレベッカの名曲の「MOON」で“せんぱーい”と聞こえた噂や、THE BOOMの名曲の「からたち野道」での“熱いよ熱いよ、助けて助けて”と聞こえたという噂、そして、オフコースの名曲「YES YES YES」で聞こえると噂された“ねぇ、私にも聞かせて”の声などの怪奇現象がありましたね。kat-tun signalでも咳き込みのようなものが聞こえるということが話題になりましたが、真相はどうなのかご存知の方はいますか?ジャニーズファンの方、そしてKAT-TUNファンの皆さんは既にご存知かと思いますが、あの咳は怪奇現象などではありません。あの咳は。kat-tunメンバーの咳ではなく最初から入っていたもので曲の一部だそうです。とにかく、怪奇現象でなくてひと安心ですね。



Copyright © 2008 kat-tun signalの怪奇現象の真相を暴きます